ハプロファーマ、日本人の薬剤応答性SNP同定する受託サービスを提供へ

 ハプロファーマ(沖縄県うるま市、大滝義博社長)は、2017年中に、日本人の薬剤応答性SNPを同定する受託解析サービスの提供をスタートさせる。同社の研究開発状況について、2017年3月10日、大滝社長と事業開発部の岩本恭典マネジャーが本誌の取材に応じた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)