朝日ゲノミクス、免疫チェックポイント阻害薬の薬効バイオマーカーを開発へ

 朝日ゲノミクス(東京・千代田、北野譲治社長)は、抗PD1抗体など免疫チェックポイント阻害薬の効果を測定するためのバイオマーカーの開発を目指すために2016年8月に設立されたベンチャーだ。京都大学大学院医学研究科生物学の小川誠司教授らの研究の実用化を目指している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)