プロトセラ、バイオマーカーの商品化に成功し、今後は事業化を加速

 BLOTCHIP解析技術という独自のプロテオーム解析技術を持つプロトセラ(兵庫県尼崎市、田中憲次社長)は、2016年1月に「ProtoKey 大腸がんリスク検査キット」と「ProtoKey 糖尿病リスク検査キット」の2種類の研究試薬の販売を開始。2017年も新たに虚血性心疾患のリスク検査や関節リウマチのコンパニオン診断薬を事業化するなど、バイオマーカー事業を本格化させる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)