睡眠状態を計測する小型脳波計と睡眠脳波解析プログラムを事業化するベンチャー。大阪バイオサイエンス研究所で科学技術振興機構(JST)の支援を受けて実施された研究成果を基に2010年4月に設立された。2013年2月にはポータブルの小型脳波計「スリープスコープ」が医療機器の認証を取得。さらに2015年5月には睡眠脳波解析プログラムが医療機器の認証を取得した。【訂正】スリープスコープの認証取得時期が1月となっていましたが2月の誤りでした。また、脳波計のプログラムとして「承認を取得」としていましたが、「認証取得」の誤りでした。以上、お詫びして訂正します。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)