ベンチャー探訪

スリープウェル(SleepWell)

小型脳波計、機能性食品評価に実績大
(2019.04.22 00:36)1pt
2019年04月22日号
橋本宗明

 睡眠状態を計測する小型脳波計と睡眠脳波解析プログラムを事業化するベンチャー。大阪バイオサイエンス研究所で科学技術振興機構(JST)の支援を受けて実施された研究成果を基に2010年4月に設立された。2013年2月にはポータブルの小型脳波計「スリープスコープ」が医療機器の認証を取得。さらに2015年5月には睡眠脳波解析プログラムが医療機器の認証を取得した。【訂正】スリープスコープの認証取得時期が1月となっていましたが2月の誤りでした。また、脳波計のプログラムとして「承認を取得」としていましたが、「認証取得」の誤りでした。以上、お詫びして訂正します。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「次世代抗体技術の最前線」
    2020年5月22日(金)開催!次世代の抗体医薬を創出するプラットフォームとなり得る最先端技術を、その当事者が詳説。中でも、いま注目は、ラクダ科動物由来の低分子抗体VHHだ。当セミナーで、その可能性を浮き彫りに。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧