IDファーマ、GMPの自社施設でベクターとiPS細胞の受託製造を開始

 IDファーマ(旧社名ディナベック)は、センダイウイルスベクターやサル免疫不全ウイルスベクターの技術を利用した事業を手掛けている。現在はアイロムグループ(旧社名アイロムホールディングス)の完全子会社で、再生医療や遺伝子治療のベクターの製造と販売を行う。2017年2月23日、IDファーマの朱亜峰社長が取材に応じ、同社が取り組む事業の全体像について説明した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)