ベンチャー探訪

IDファーマ、GMPの自社施設でベクターとiPS細胞の受託製造を開始

2017年3月に特定細胞加工物製造の許可を取得
(2017.04.19 00:15)1pt
高橋厚妃

 IDファーマ(旧社名ディナベック)は、センダイウイルスベクターやサル免疫不全ウイルスベクターの技術を利用した事業を手掛けている。現在はアイロムグループ(旧社名アイロムホールディングス)の完全子会社で、再生医療や遺伝子治療のベクターの製造と販売を行う。2017年2月23日、IDファーマの朱亜峰社長が取材に応じ、同社が取り組む事業の全体像について説明した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧