ステリック、潰瘍性大腸炎を対象とした核酸医薬のフェーズIIa終了

 ステリック再生医科学研究所は現在、潰瘍性大腸炎や難治性のクローン病を含む炎症性腸疾患(IBD)などを対象に、核酸医薬STNM01の開発を手掛けている。2017年3月10日、同社の米山博之社長がSTNM01の開発経緯や標的などについて説明した。



この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)