ベンチャー探訪

ジーンフロンティア、抗体、ペプチドのリード化合物創出に注力

抗体医薬では自社創出化合物のライセンスも模索
(2017.04.19 00:00)1pt
橋本宗明

 ジーンフロンティアは2003年4月に情報通信企業のITX(横浜市、野島廣司社長)、同じく情報通信企業のインフォコムと臨床検査のビー・エム・エルの3社の出資で発足した創薬支援型のベンチャー。抗体、ペプチドを中心とする創薬支援と、基礎研究向けのソリューションの提供、および自社による抗体医薬のシーズの開発などを手掛けている。2010年10月にカネカの100%子会社となり、その際に、カネカが同じ社名の新会社を設立してそこに事業譲渡する形を取ったため、現在のジーンフロンティアの設立は2010年10月となっている。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧