iHeart Japan、3種類のiPS由来細胞混合シートを2019年に臨床研究へ

 iHeart Japan(京都市左京区、角田健治社長)は、拡張型心筋症を対象とした再生医療等製品の研究開発を手掛けている。2017年2月2日、同社の角田社長が本誌の取材に応じ、共同研究先の京都大学が、同社で開発中のiPS細胞由来の3種類の細胞を積層させた細胞シートの臨床研究を2019年に開始する予定であることを話した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)