ジーンケア研究所、資金難に陥るも再起し2018年度の治験開始目指す

 ジーンケア研究所は、核酸医薬の開発を手掛けるベンチャー企業だ。2014年末、資金難に陥ったものの、現在は医師主導治験の開始に向け、再び開発を本格化させつつある。2017年2月22日、同社の高橋直也社長が本誌の取材に応じた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)