クレオ・バイオサイエンス、創薬評価用の微小3次元培養デバイス生産開始

 クレオ・バイオサイエンスは、京都大学の微小3次元培養デバイス作製に関わる知財の独占実施許諾を得ており、同技術を基にした創薬や診断技術の開発を手掛けている。2017年3月23日、クレオ・バイオサイエンスの岡本将社長が本誌の取材に応じ、創薬スクリーニングや安全性評価などに利用できる微小3次元培養デバイスの大量生産の体制を整え、受注生産を開始したことを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)