VCが主導で設立の日本抗体医薬、ホジキンリンパ腫治療薬の開発目指す

 日本抗体医薬は大和企業投資傘下のベンチャーキャピタル、DCIパートナーズが2017年2月9日に設立したばかりのベンチャー。順天堂大学医学部病理・腫瘍学講座の松岡周二助教が樹立した抗体の実用化を目指すとしており、社長はDCIパートナーズの成田宏紀社長が務める。臨床入りまでは専従の従業員を置かずに外部の力を使って事業を進めていく。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)