セルメディシン、自家癌ワクチン初となる盲検化の臨床研究が進行中

  理化学研究所発のベンチャー企業で、医療機関向けに自家癌ワクチンの調剤の技術協力を手掛けるセルメディシン(茨城県つくば市)の大野忠夫社長は、2017年2月14日、本誌の取材に応じ、現在、同社が技術協力して自家癌ワクチンでは初めてとなる盲検化の臨床研究が進行していることを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)