ベンチャー探訪

セルメディシン、自家癌ワクチン初となる盲検化の臨床研究が進行中

提携医療機関は70カ所以上、投与経験は約2000例
(2017.04.04 00:13)1pt
久保田文

  理化学研究所発のベンチャー企業で、医療機関向けに自家癌ワクチンの調剤の技術協力を手掛けるセルメディシン(茨城県つくば市)の大野忠夫社長は、2017年2月14日、本誌の取材に応じ、現在、同社が技術協力して自家癌ワクチンでは初めてとなる盲検化の臨床研究が進行していることを明らかにした。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧