ベンチャー探訪

PRISM Pharma、子会社でPPI標的薬合成の新サービス開始

蛋白質配列情報を基に相互作用部位を予測し化合物設計
(2017.03.31 12:02)1pt
橋本宗明

 PRISM Pharma(横浜市緑区、竹原大社長)の子会社で、蛋白蛋白相互作用(PPI)を標的とするペプチド模倣化合物合成のプラットフォーム技術を有するPRISM BioLabは、in silico創薬技術を有する理論創薬研究所(横浜市緑区、吉森篤史代表取締役)と共同で、PPIを標的とする化合物を製薬企業などに提案する新サービス「PPI Trial」を近く開始する。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧