ベンチャー探訪

Delta-Fly Pharma、フェーズIII準備中のAML治療薬を日本新薬にライセンス

「モジュール創薬」と称する手法でコストをかけずに6品目を開発中
(2017.03.31 07:55)1pt
橋本宗明

 日本新薬は2017年3月24日、Delta-Fly Pharma(徳島市、江島清社長)が開発中の、再発・難治性の急性骨髄性白血病(AML)治療薬DFP-10917の、日本における独占的開発権および独占的販売権を取得したと発表した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧