Delta-Fly Pharma、フェーズIII準備中のAML治療薬を日本新薬にライセンス

 日本新薬は2017年3月24日、Delta-Fly Pharma(徳島市、江島清社長)が開発中の、再発・難治性の急性骨髄性白血病(AML)治療薬DFP-10917の、日本における独占的開発権および独占的販売権を取得したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)