メスキュージェナシス、cDNAディスプレイ法でPROTACにも挑戦

 メスキュージェナシス(MeSCue-Janusys Inc.)は、機能性ペプチドの探索と創薬への応用研究を行うベンチャー企業だ。試験管内分子進化を用いたスクリーニング技術であるcDNAディスプレイ法により、ライブラリーから医薬品候補となるペプチドを探索する研究開発を行っている。ペプチドリームと技術的に類似しているが、メスキュージェナシスは天然アミノ酸のみを用いる点で異なる。製造系の問題が少ない他、ベクターを用いて細胞に導入することで蛋白質分解誘導キメラ分子(PROTAC)による創薬に活用できる点もポイントだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)