ソニー発のエーテンラボ、「励まし合って治療する」アプリの開発へ

 エーテンラボ(東京・渋谷)は、生活習慣改善アプリ「みんチャレ」の開発・運営を手掛けるベンチャーだ。もともとソニーでゲーム関連事業などに携わっていた長坂剛代表取締役CEOが、ソニーの新規事業創出プログラムの支援を受けて同アプリを開発。ソニーから独立する形で2016年12月に設立した。2020年2月には、クラウドファンディングによって約6000万円の開発資金を調達したと発表した。調達した資金で、同アプリのシステムを応用した治療用アプリの開発を本格化する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)