日本抗体医薬、がん細胞に穴を開けて殺傷する抗体をスクリーニング

 日本抗体医薬(J-mab Therapeutics, Inc.)は、がん治療用の抗体医薬の研究開発を手掛ける、順天堂大学発のベンチャー企業だ。同大学医学部免疫診断学講座の松岡周二特任准教授の研究成果を基に、がん細胞を殺傷する抗体医薬の創製を目指している。同社の独自性は、がん細胞の表面に大きな穴が開いて死ぬ「アナポコーシス」(松岡特任准教授が命名)を引き起こす抗体を取得できる点にある。一般の抗体医薬と異なるアプローチで、がんを攻撃できる医薬品候補として研究を進めている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)