ベンチャー探訪

オステオファーマ、組換えBMPの開発を再起動

台湾企業に日本以外の権利をライセンスして資金確保
(2017.02.20 00:12)1pt
橋本宗明

 遺伝子組換えBMP(Bone Morphogenetic Protein、骨形成蛋白質)の医薬品としての開発を目指すオステオファーマの城地史郎社長は2017年2月13日、本誌の取材に応じ、一時ストップしていた開発の再開に向けて準備を進めていることを明らかにした。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧