Icaria、機械学習した尿中miRNAのプロファイルから癌をスクリーニング

 Icaria(東京・文京、小野瀬隆一代表取締役CEO)は、非侵襲かつ高精度の癌のスクリーニング技術の実用化を目指し、2018年5月に設立されたベンチャー企業だ。現在、独自のデバイスで尿中のマイクロRNA(miRNA)を抽出し、その発現プロファイルを解析して、機械学習によって癌をスクリーニングするための技術を開発している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)