BeCellBar、細胞のタイトジャンクションを開閉する化合物を探索

 BeCellBar(ビーセルバー)は、細胞間の密な結合であるタイトジャンクションを調節する化合物を用いて、経皮薬物吸収促進剤などの開発を行う名古屋大学発のベンチャー企業だ。同大学大学院創薬科学研究科の廣明秀一教授の研究室が開発した技術を基に、廣明教授および天野剛志招へい教員が創業した。社名はBeyond the Cell Barrierが由来だ。同社はタイトジャンクションを調節する化合物のスクリーニング系を保有しており、天然成分や化合物ライブラリーなどから有望な物質を探索する。並行して、自社で既に発見した幾つかの化合物の実用化に向けた活動も進めている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)