国循発ベンチャーのリードファーマ、脂質代謝異常症に核酸医薬を開発へ

 リードファーマ(大阪市淀川区、和田郁人社長)は、循環器疾患をはじめ、現状では治療が難しい疾患を対象に核酸医薬の研究開発を手掛けるベンチャー企業だ。創業者の1人であり、社外取締役を務める国立循環器病研究センター研究所病態代謝部の斯波真理子部長らの研究成果などを実用化すべく、2019年8月に創業者の出資で設立され、国立循環器病研究センター発ベンチャーに初めて認定された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)