bitBiome、微生物のシングルセルゲノム解析技術を活用してプラットフォームを確立へ

 bitBiome(ビットバイオーム)は未利用の資源として価値を秘めている微生物の産業応用を目指すため、2018 年11月に設立された。同社の最高科学責任者(CSO)で早稲田大学の准教授である細川正人氏が開発した、微生物のシングルセルゲノム解析技術「bit-MAP」を基盤としている。同社は、「Unlock the Potential of Microbes」(微生物の可能性を解放する)をミッションに掲げている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)