ベンチャー探訪

アイ・ブレインサイエンス、視線を検出して認知機能を評価

ソフトウエア医療機器として開発、介護事業者向けにも供給へ
(2020.01.22 08:00)1pt
橋本宗明

 アイ・ブレインサイエンスは、大阪大学大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学寄付講座の武田朱公准教授、森下竜一教授らの研究に基づいて、2019年11月13日に設立されたベンチャー。代表取締役社長は、スリー・ディー・マトリックスの元社長である高村健太郎氏が務めている。同社がまず目指しているのは、視線検出による認知機能の評価システムの医療機器としての開発だ。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「次世代抗体技術の最前線」
    2020年5月22日(金)開催!次世代の抗体医薬を創出するプラットフォームとなり得る最先端技術を、その当事者が詳説。中でも、いま注目は、ラクダ科動物由来の低分子抗体VHHだ。当セミナーで、その可能性を浮き彫りに。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧