アイ・ブレインサイエンス、視線を検出して認知機能を評価

 アイ・ブレインサイエンスは、大阪大学大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学寄付講座の武田朱公准教授、森下竜一教授らの研究に基づいて、2019年11月13日に設立されたベンチャー。代表取締役社長は、スリー・ディー・マトリックスの元社長である高村健太郎氏が務めている。同社がまず目指しているのは、視線検出による認知機能の評価システムの医療機器としての開発だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)