「これまで世界に存在していなかった、植物を乾燥から守る方法を発見した。研究成果を論文で発表したのに反応は薄かった。だったら一番詳しい自分が世界に広げていくしかなかった」──2018年2月、理化学研究所植物科学研究センターの研究員だった金鍾明(Kim JongMyong)氏はアクプランタを創業した。社会に役立つ研究をしたいという思いから基礎研究を続けてきたが、自らの研究成果を社会実装するために起業という道を選んだ。49歳の決断である。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)