免疫機構が癌の発生予防に重要な役割を果たしていることは従来から知られており、何らかの形で、癌細胞に対する免疫反応を目覚めさせることができれば、癌の治療が可能であることが期待されてきた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)