医療技術の急速な進歩に行政は追い付けるか

医薬品や医療機器の開発や承認審査などに関する国家間・地域間の薬事規制の壁は、1990年代に国際医薬品規制調和会議(ICH)により一気に崩れはしたが、現在においてもなお、承認審査の権限などは各国に残されている。しかし、近年の医療技術などの急激な進歩に対応して、近い将来、国家間の承認権限の壁も崩れ去るものと思われる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)