我が国では、1990年代後半のインフルエンザワクチンの定期接種の中止により接種率が大幅に低下したため、インフルエンザワクチンの売り上げに大きく依存していた企業は、ワクチン市場に対する魅力を失った。さらには、予防接種の重要性が国際的には強く認識される中で、我が国では予防接種事故をめぐる裁判で国が敗訴して、予防接種行政は大きく後退し、大手製薬企業はワクチン開発から手を引いてしまった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)