30年近く続いてきたICHが、3極から多極に変貌し、今後、日米欧3極が中心で個別に行ってきた新薬の承認審査についても、何らかの形で審査結果の相互利用や、審査の分担・統一などへ進んでいく可能性がある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)