医薬品医療機器総合機構(PMDA)と厚生労働省が準備を進めてきたMID-NETがようやく来年4月から供用が開始されることになり、また、医療関係の公的なデータベースも次第に2次利用などへの道が開かれつつある。我が国の医療行政や薬事行政もデータベースを幅広く活用できる時代に入った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)