厚生労働省は先の薬事法(現医薬品医療機器等法)改正において再生医療用製品についての仮免許的な期限付承認制度を導入したのに続いて、医療機器についても革新的医療機器条件付早期承認制度を導入、さらには、医薬品についても条件付き早期承認制度の導入を行った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)