医療情報データベースの安全性評価への導入に道を拓き、我が国における市販後の安全対策にようやく近代化をもたらす可能性があると期待されていたGPSP省令(医薬品の製造販売後の調査及び試験の実施の基準に関する省令)の改正に関するパブリックコメント(パブコメ)通知(ご意見の募集)が2017年8月11日に発出されたが、その内容は関係者を落胆させるものであった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)