欧米既承認で国内未承認薬や未承認効能の開発を促進するために、新薬の薬価維持と抱き合わせで製薬企業に開発を義務付ける制度を設けたことで、製薬企業側の不満はあるものの、未承認薬解消の成果はある程度は上がったようである。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)