近年、外資系企業だけではなく日本の企業を含めて、メディカルアフェアーズ(MA)と呼ばれる部門が順次設けられている。製薬企業等が関与する特定臨床研究の透明性等を確保するための「臨床研究法」もようやく通常国会を通り、2018年春には施行される見込みであり、MAの責任は次第に重くなることが予想される。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)