我が国発のブレークスルー的新薬である免疫チェックポイント阻害薬の「オプジーボ」(ニボルマブ)が、癌の免疫療法への道を開いたという癌治療への画期的なインパクトよりは、残念ながら、医療経済的なインパクトに関係者の関心が集まっている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)