小野薬品工業、難事を乗り越え2022年に大きな動きはあるか

 2022年の各社の注目点を解説する集中連載。最終回の今回は小野薬品工業を取り上げる。2021年は重い2つ案件が決着した。1つは三重大学医学部附属病院への奨学寄附金を巡る事件。もう1つは抗PD-1抗体「オプジーボ」(ニボルマブ)の分配金に関して京都大学高等研究院の本庶佑特別教授が提訴した裁判である。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)