中外製薬、2022年は過去最高決算の更新に挑戦

 国内製薬各社の2022年の見どころを紹介する新春の連載。第4回は業績好調な中外製薬を取り上げる。同社の奥田修社長は「来期(2022年12月期)も過去最高の決算を目指す」と市場に発信した。その鍵を握るのは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療薬「ロナプリーブ」(カシリビマブ・イムデビマブ)となりそうだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)