大塚HD、2022年は「エビリファイ」の特許クリフから完全復活なるか

 国内製薬各社の2022年の見どころを紹介する新春の連載。第3回は、大塚ホールディングス(HD)を取り上げる。同社では2014年3月期に過去最高の売上収益を打ち出した。業績は好調を維持しており、2022年は8年ぶりの記録更新に期待がかかる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)