武田薬品工業、2022年の見どころ:デング熱ワクチンTAK-003の審査結果に注目

 国内でも新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の新たな変異株であるオミクロン株の流行が心配される中、2022年が明けた。今年は国内製薬企業にとってどのような1年になるのだろうか。パイプラインを含め、各社の見どころを紹介する新春の連載。第1回は、国内トップ企業の武田薬品工業を取り上げる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)