Bayer社の2021年度上期決算──売上収益が増収でも、最終利益は赤字

 欧米の製薬企業の2021年度上期決算を読み解く連載。今回は、ドイツBayer社を取り上げる。2018年6月に630億ドル(約7兆円)で米Monsanto社の買収を完了したものの、Monsanto社の除草剤を巡る訴訟の影響を今期も受け、最終利益は2期連続の赤字となった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)