武田薬品、COVID-19対象の免疫グロブリン製剤が目標未達

 武田薬品工業は2021年4月2日、抗コロナウイルス高度免疫グロブリン静注製剤(H-Ig)であるCoVIg-19のITAC(Inpatient Treatment with Anti-Coronavirus Immunoglobulin)試験において、有効性の評価目標を達成しなかったと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)