AstraZeneca社の2020年度決算──米Alexion社を買収、武田薬品を超える規模へ

 欧米の製薬企業の2020年度決算を読み解く連載。今回は実質2桁の増収を達成した英AstraZeneca(AZ)社について報告する。伸びたのはがん領域、自社創製した複数のブロックバスターが牽引した。さらに第一三共、米Merck社からの提携収入も利益を後押する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)