BMS社の2020年度決算──4兆円企業の仲間入り、抗PD-1抗体「オプジーボ」は苦戦

 欧米の製薬企業の2020年度決算を読み解く連載。今回は米Bristol Myers Squibb(BMS)社を取り上げる。2019年に米Celgene社を740億ドル(約8兆円)で買収したBMS社、2020年には心疾患の治療薬開発を手掛ける米MyoKardia社を傘下に収めるなど、買収意欲は衰えていないようだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)