エーザイの第3四半期、アルツハイマー型認知症治療薬候補の承認に前向き

 エーザイは2021年2月3日、2020年3月期第3四半期累計(IFRS)の決算報告を電話会議で行った。業績は増収減益となった。チーフフィナンシャルオフィサーの柳良平専務執行役は減益の理由を、研究開発など将来の成長に向けて積極的に投資した結果と説明した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)