大日本住友製薬──2021年の国内製薬大手の見どころ

 2021年の各社の見どころを解説する新春の連載。第7回は大日本住友製薬を取り上げる。イメグリミン塩酸塩(PXL 008)については国内の審査結果に加え、欧米の権利を取得するのかにも注目が集まる。業績面では、上方修正したことで2021年3月期に5000億円企業の仲間入りが期待できる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)