武田薬品が国内でのプレゼンスを強調、新規候補物質で8つの承認取得の可能性

 武田薬品工業は2020年7月10日、国内ビジネス部門における製品ポートフォリオの転換を進め、持続的な成長を実現する組織を構築するという内容のリリースを発表した。武田薬品は2019年1月にアイルランドShire社を買収したことで、2018年度に27.2%あった国内の売上高構成比率が2019年度には18.0%までに低下した。今回のリリースでは、お膝元の国内ビジネスにおいても成長できることをアピールする狙いがあるとみられる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)