海外大手企業の2019年度決算を読む―米Eli Lilly社編

 Eli Lilly社の2019年度の売上収益は223億2000万ドル(前年同期比3.8%増)の増収だった。販売量の8%の伸びが、価格下落の3%減と為替のマイナス影響の1%減を埋めた。糖尿病治療薬でGLP-1受容体作動薬の「トルリシティ」が好調で約10億ドルの増収となり、特許切れによって売上高が落ち込んだ勃起不全改善薬「シアリス」の落ち込みをほぼカバーし、他の製品群の伸びが増収分を稼いだ形だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)