海外大手企業の2019年度決算を読む―英GlaxoSmithKline社編

 英GSK社の2020年度の売上収益は337億5400万ポンド(前年同期比9.5%増、年間平均為替レート換算で4兆5656億円)だった。気管支喘息治療薬の「アドエア」が大幅に落ち込み、抗HIV薬の「トリーメク」もライバル薬の登場で初の減収に転じたものの、帯状疱疹予防ワクチンの「シングリックス」や気管支喘息治療薬「ベネトリン」「ヌーカラ」などが伸びて増収を果たした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)