2020年の各社の注目点を解説する連載の第7回は、JCRファーマ、キッセイ薬品工業、あすか製薬、生化学工業、科研製薬を取り上げる。JCRファーマは、ハンター症候群治療薬候補「JR-141」の承認申請に注目が集まる。キッセイ薬品工業とあすか製薬は共に子宮筋腫関連の薬剤の動向、生化学工業では変形性膝関節症治療薬「SI-613」、科研製薬では原発性腋窩多汗症治療薬「BBI-4000」がポイントだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)