2020年の各社の注目点を解説する連載の第4回は、日本新薬、塩野義製薬、持田製薬を取り上げる。日本新薬では自社創製品の核酸医薬について、承認の行方に注目が集まる。塩野義製薬では月1回投与型の抗HIV薬の再申請に注目、持田製薬では痛風・高尿酸血症治療薬が承認の見込みとなった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)